BtoBメールマーケティングのコツと成果につながるメルマガ配信の始め方

BtoBメールマーケティングの種類と成功例、おすすめの始め方
Last Updated on 2024年2月3日 by 荻野永策

BtoBマーケティングにおいて、メールを活用したリードナーチャリングは、非常に重要なマーケティング施策の1つである。多くのリードや顧客に対してタイムリーに情報提供でき、継続的な接点が創出できるからだ。今回のコラムでは、BtoBメールマーケティングの基礎や、おすすめのはじめ方、どんなメールを配信するのかなどについて詳しく解説する。

BtoBメールマーケティングとは?目的や役割とその重要性

BtoBメールマーケティングとは、BtoB企業が見込み客の育成や顧客維持を目的に行うメールを活用したマーケティング活動のことである。自社の見込み客や顧客に対して、有益で役立つ情報を定期的にメルマガとして配信し、関係性を深める活動を展開する。

BtoBメールマーケティングの重要性

BtoBの場合、リードや顧客に対して営業活動を展開しても、すぐに受注にならないことは非常に多い。そのため、営業部門は定期的に営業フォローしなければならない。しかしながら、リードや顧客の数が増加すると、時間的制限や営業担当の人手不足などにより対応しきれなくなり、リードや顧客への対応が「おざなり」になっていく。これは顧客や見込み客の「ほったらかし」につながり、最終的には機会損失や顧客流出につながる可能性がある。

こういった問題は、人手不足や多様な働き方などの外部要因も重なり、今後、さらに拡大していく可能性があるだろう。

そんな状況であるからこそ、「人間の代わりにリードや顧客に定期的、かつ、効率よく接点を創出する方法」が求められており、その手法の1つがメールマーケティングである。

メールは効率よくタイムリーに、低コストで情報提供できるため、BtoBマーケティングでは非常に重要視されている。

BtoBメルマガの主な種類と成功事例

では、実際にBtoBメールマーケティングでは、どのようなメルマガが配信されているのだろうか?ここでは、BtoBメルマガの主な種類について、弊社の顧客の成功事例も交えながらご紹介する。

コラムメールの概要と成功事例

「コラムメール」とは、自社のWEBサイトでリードや顧客にとって有益なビジネスコラムを公開し、その更新情報をお知らせするメルマガだ。

たとえば、産業機器の部品を製造するメーカーでは、「課題解決のコラム」を毎月自社サイトで公開し、それを自社のリードや顧客にメルマガとして配信している。「課題解決」のコラムであるため、同じような課題をもつ企業が配信対象リストにいた場合、非常に有益な内容となりえる。その結果、問い合わせや個別相談などにつながりやすくなり、メルマガ起点での商談創出に大きく貢献する。

ホワイトペーパーメールの概要と成功事例

「ホワイトペーパーメール」とは、ホワイトペーパーをメールで案内し、資料請求を獲得するメルマガだ。実際に資料請求が発生するため、それがきっかけとなり案件や商談につながることもある。

ホワイトペーパーとは、リードや既存顧客にとって有益な情報をまとめた資料のことだ。たとえば、「何かの課題を解決する方法や技術をまとめた資料」、「実際に解決できた事例を紹介する資料」、「課題の抜け漏れがないかを確認するチェックシート」などのような資料がホワイトペーパーとなる。詳しくは下記のコラムを参照してほしい。

ホワイトペーパーとは?種類や具体例とリードに刺さる作り方

ホワイトペーパーとは?リードに刺さる作り方や種類・具体例を解説【BtoBマーケティング向け】

2024年1月25日

「ホワイトペーパーメール」は、BtoB企業では数多くの企業が実際に実施している。たとえば、防犯カメラを販売する企業では、「ホワイトペーパーメール」を配信したことにより、普段の2から3倍の資料請求を獲得している。

さらに、データベース関連の製品を販売するIT企業では、非常にマニアックな課題を解決する方法をまとめたホワイトペーパーを作成し、メルマガ配信したところ、件数は少ないものの、商談確度の高い資料請求を獲得することにも成功している。

アンケートメールの概要と成功事例

「アンケートメール」とは、リードや顧客の課題や悩みなどを確認するアンケートをお願いするメールのことだ。リードや顧客の課題を把握しなければ、有益なメルマガ配信に繋げることができず、ネタのマンネリ化などを引き起こす。そのため、BtoBメールマーケティングでは非常に重要なメール配信と言える。

「アンケートメール」は、弊社のお客様では多くの企業が実行しており、たとえば、クラウド製品を販売するIT企業では、2000件のリストに対してアンケートメールを送付し、100件以上の回答を得ることに成功している。そしてその回答データの中には、すぐに商談につながりそうな回答も無数にあり、合計で30件の案件創出に成功している。

イベントメールの概要と成功事例

「イベントメール」とは、セミナーや展示会、フォーラムなどの各種イベントを案内するメールのことだ。

「イベントメール」も、弊社のお客様では多くの企業が実行している。たとえば、建設・工事資材を製造する製造業では、「オンラインセミナー」の案内メールを配信し、オンラインセミナー終了後に約10件程度の見積もり依頼を獲得することに成功している。

事例メールの概要と成功事例

「事例メール」とは、自社製品やサービスの導入事例・成功事例のコンテンツを配信するメールのことだ。自社製品やサービスにより、大きな成果を得た顧客に対してインタビューを行い、成功事例として紹介するコンテンツを作成し、それをメールで配信するのだ。

成功事例のコンテンツ例としては、弊社であれば下記のようなコンテンツとなる。
https://btobmarketing.aluha.net/case/customer/

「事例メール」も、弊社のお客様では多くの企業が実行している。たとえば、SCMソリューションを販売するIT企業では、自社のIT製品を導入した顧客に事例インタビューを行い、それをホワイトペーパーにしてメルマガ配信している。メルマガを配信すると、事例資料の資料請求が普段の数倍程度発生し、継続的な接点創出に成功している。

以上がBtoBメルマガの主な種類とその成功事例だ。どんなメルマガを配信すべきかの検討は、自社の商材特性によって異なるため、BtoBメールマーケティングの開始時にはしっかり検討しなければならない。

BtoBメールマーケティングの2つの成功のコツ

BtoBメールマーケティングを成功させるには、2つのコツがある。非常に重要なコツなのでぜひ参考にしてほしい。

継続性とマンネリ化防止

BtoBメールマーケティングは、継続的な活動が非常に重要だ。そのため、毎月、メルマガを配信することとなる。そうなると、「メルマガのネタがない」という課題が発生することがある。社内・チーム内でメルマガのネタの企画設計の継続性がなければ、成功は難しいと言える。

よくある悪い例としては、「件名だけ変えて中身はあんまり変わらない」というようなメルマガだ。件名を変えているので一見ネタも変わったように見えるが、開封して読んでみると、結局同じ内容なので、だんだんジリ貧になる。ネタもマンネリ化し、飽きられ、メルマガの意味がなくなっていく。

だからこそ、継続的で、新鮮なネタを企画設計できる体制や仕組みは必須である。

リードに刺さるネタ

BtoBメールマーケティングは、自社が配信できるネタを配信するのではなく、リードや顧客が「役立つ」と思うネタを配信することが重要だ。つまり、リードや顧客に刺さるネタだ。

よくある例としては、「新しい機能を追加したらからメルマガを配信」「製品説明ならできるから製品説明会のイベントをメルマガで配信」といった具合に、すべて「自社目線」でのメルマガ配信をしているケースがある。これは、すべて自分目線のネタだ。このような場合、よほどその製品に興味でもない限り、リードに刺さることは少ないだろう。

だからこそ、リードが悩んでいることやリードが解決したいことをテーマにしたネタが重要だ。そのため定期的にリードの課題は何か?を分析し、それを切り口にメルマガのネタを作らなければならない。

比較的短期間で成果が出やすいBtoBメールマーケティングの始め方

それでは、最後に、比較的短期間で成果が出やすいBtoBメールマーケティングの始め方について、1つのプロセスをご紹介する。非常に簡単である。

そのプロセスとは、下記のようなプロセスだ。

比較的短期間で成果が出やすいBtoBメールマーケティングの始め方
  1. 名刺のデータをデジタル化
  2. ホワイトペーパーを作成
  3. リスト化した名刺データにホワイトペーパーメールを配信し資料請求を獲得

(1)名刺のデータをデジタル化

最初は、メルマガの配信対象者のリストが必要だ。最も簡単に手に入るのは、自社で保有している見込み客や顧客の名刺データだ。これをデジタル化し、配信リストを作成しよう。

名刺をリスト化するときは、「製品Aに興味を持っているであろう名刺」といった具合に、製品ごとや事業ごとでリスト化するとよい。そうすることで、配信するネタの設計などとも連動しやすくなるからだ。

(2)ホワイトペーパーを作成

配信先のリストを作成したら、そのリストの切り口となっている製品や事業に関するホワイトペーパーを作成しよう。ホワイトペーパーの作り方については、下記のコラムを参照してほしい。

ホワイトペーパーとは?種類や具体例とリードに刺さる作り方

ホワイトペーパーとは?リードに刺さる作り方や種類・具体例を解説【BtoBマーケティング向け】

2024年1月25日

効果的なのは、「何かの課題を解決する方法」といったような課題解決系のホワイトペーパーがおすすめだ。その課題に悩んでいるリードからの資料請求を獲得できる可能性がある。

(3)リスト化した名刺データにホワイトペーパーメールを配信し資料請求を獲得

ホワイトペーパーを作成したら、資料請求できるように問い合わせフォームを作成し、メール配信する。配信すると、資料請求という形で問い合わせが獲得できる可能性がある。配信リストの精度とホワイトペーパーの内容にもよるが、5%前後の資料請求獲得ができる可能性がある。仮に1000件に配信したら50件程度の資料請求というイメージだ。

配信リストの精度とホワイトペーパーの内容が悪い場合は、最悪0になることもあるが、それでも1%前後の確率で資料請求が来ることが多い。

この始め方の場合、ホワイトペーパーさえ作ることができれば、継続的に配信でき、かつ、案件や商談のきっかけもメルマガ経由で創出できる。その成果は、社内にもアピールでき、BtoBメールマーケティングの重要性を浸透させていくきっかけにもなるだろう。比較的短期間でできるので、ぜひ挑戦してほしいと思う。


BtoBデジタルマーケティング・営業戦略のノウハウ資料

BtoBデジタルマーケティング・営業戦略に関するノウハウ資料

BtoBに特化したデジタルマーケティングや営業戦略の立て方に関するノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

・BtoB向けの営業戦略の立て方・WEB戦略の立て方
・営業DX・マーケティングDXのメリットと他社の11の取組事例
・MAとオンラインセミナーで商談を生み出す方法
・BtoBメルマガの開封率・クリック率を高める7つの法則
・BtoBデジタルマーケティングの成功事例
・見込み客を振り向かせるための4つのコンテンツとその作り方

このほかたくさんの資料がダウンロードできます。


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ALUHA代表取締役。1979年兵庫生まれのBtoBマーケティングコンサルタント。金沢工業大学大学院にて情報工学を専攻し2003年4月にALUHAを創業。2008年からBtoBに特化したマーケティング支援、営業戦略支援を開始。BtoBマーケティングや営業戦略の戦略立案から、計画実行とPDCA、そして人材育成を伴走型で支援。デジタルとリアルを融合させた戦略設計が得意。毎月全国各地の様々な企業でBtoBマーケティングセミナーを実施中。100社以上でのセミナー講演実績を持つ。大手IT企業、製造業(日立Gr、富士フイルムGr、キヤノンGr、積水Grなど)を顧客に持つコンサルタント。→セミナー講演実績→コンサル実績